技術情報

試作部門

試作の取り組み 「とにかくやってみる やる前から諦める奴はつまらん人間だ」

試作の取り組み

金型ライフの検証や、パンチ・ダイのコーティング選定の評価などの量産技術の見極め、また、VAによる合理化を目的とした要素技術、新工法の開発、絞り、冷鍛、曲げなどの様々なプレス加工分野で培われたノウハウで、お客様のご要望にお応えいたします。他にも医療分野の試作・開発にも取り組んでおります。

試作製品について

試作品01
  • ・順送金型
  • ・SUS444(ステンレス)
  • ・t0.5
  • ・SPM200
  • ・波曲げ フィン
試作品02
  • ・単型
  • ・SUS304(ステンレス)
  • ・t0.3
  • ・SPM30
  • ・金型にて丸め加工をしました。
試作品03
  • ・単型
  • ・TP270(チタン)
  • ・t0.1
  • ・SPM30
試作品04
  • ・単型
  • ・A6061(アルミ)
  • ・t0.1
  • ・SPM30
  • ・波形状の曲げを加工したプレス加工品です。
試作品05
  • ・単型
  • ・C5191(リン青銅)
  • ・t0.5
  • ・SPM30
  • ・シェル コネクター部品です。
試作品06
  • ・単型
  • ・C5210(リン青銅)
  • ・t0.5
  • ・SPM30
  • ・ブランクはファイバーレーザーでカット。
  •  簡易金型にて製作しました。
試作品07
  • ・順送金型
  • ・SUS301(ステンレス)
  • ・t0.1
  • ・SPM20
  • ・医療分野向けのクリップです。
試作品08
  • ・単型
  • ・SUS301(ステンレス)
  • ・t0.6
  • ・SPM30
  • ・ミリ波レーダーの試作品です。
試作品09
  • ・順送金型
  • ・SUS301-1/2H(ステンレス)
  • ・t0.7
  • ・SPM100
  • ・医療関係に使用される部品で、バリなし、
  •  寸法の高精度が要求される製品です。
試作品10
  • ・順送金型
  • ・SUS304(ステンレス)
  • ・t0.1
  • ・SPM400
  • ・携帯電話用シェル
試作品11
  • ・順送金型
  • ・SUS304CSP-1/2H(ステンレス)
  • ・t0.9
  • ・SPM100
  • ・バネ用ステンレスを使用した医療関連向けプレス加工品です。
  •  金型刃部がすぐ摩耗しやすい為、金型材質選定が重要になります。
試作品12
  • ・φ0.05の針先を弊社メディカル事業部にて研磨をしました。
試作品13
  • ・単型
  • ・SK(特殊鋼)
  • ・t0.7
  • ・SPM20
  • ・ウエーブワッシャーです。
  •  プレスから熱処理まで一貫対応可能です。
試作品14
  • ・SUS(ステンレス)パイプ
  • ・板厚t0.3mm/外径φ4mm
  • ・SUS(ステンレス)パイプにφ2mmの穴あけ加工をプレスにて行いました。
  •  30本加工した際の実績では、位置精度113±0.014mmを実現しました。
  •  特殊針の加工も対応可能です。

パイプ縮管加工

パイプ縮管加工
  • SUS(ステンレス)パイプ 縮管加工 多種サイズ対応
  • 板材からカーリング加工をしてパイプ形状にはできますが
  • つなぎ目ができてしまう為、後工程にて溶接工程が必要になります。
  • 共伸独自の加工方法により、金型を使用してパイプを細く(縮管)する
  • ことが可能で、つなぎ目がなく、パイプをフルテーパーや
  • ストレート形状等、任意形状の加工が可能です。
  • 縮管サイズはφ0.20からφ2.50まで可能です。
  • t.0.05~t0.25

試作製品について

パイプ加工事例01
  • ・SUS304(ステンレス)
  • ・素材 : OD2.00
  • ・縮管部 : OD0.84
  • ・素材径に対して58%の減径加工を実現しました。
  •  φ0.3~φ2.5までのパイプに、任意形状(フルテーパー段付き加工)、
  •  外径精度±0.02の確保と最細端φ0.2まで縮管加工が可能です。
  •  またパイプの曲げ加工も対応可能です。
パイプ加工事例02
  • ・SUS304(ステンレス)
  • ・素材 : OD2.40
  • ・縮管部 : OD1.40
  • ・分注ノズルで採用
パイプ加工事例03
  • ・SUS304(ステンレス)パイプのフレア加工をトランスファーと
  •  プレス金型を連動した自動機にて連続加工が可能です。
  •  19Gから対応可能です。

  • 加工動画(YouTube)

ファイバーレーザー加工機

ファイバーレーザー加工機

試作事業の一環で、微細精密加工用ファイバーレーザー加工機を導入し、より一層試作事業を強化しました。切断幅40ミクロンで加工が可能により、薄板の試作、医療関係部品、コネクタの試作、刻印加工等に対応可能です。また、順送金型の事前検証や複雑な絞り部品のブランク設定など、トライ時間の短縮や歩留まり低減が可能となります。


  • 【加工範囲】
  • 材料幅 : 500x500
  • 材料厚 : t0.03~t1.5
  • 材質 : SUS、リン青銅、リボン鋼、真鍮、アルミ等(純銅は不可)
  • 精度 : ±0.01~

試作製品について

 
レーザー加工事例01
  • ・従来研磨加工にて対応していたスリット加工を
  •  ファイバーレーザー加工機で実現しました。
  •  精度、外観等、研磨加工と遜色なく加工可能です。
 
   
レーザー加工事例02
  • ・スリット加工をした試作品となります。
  •  スリット幅は0.5mm。
 
   
レーザー加工事例03
  • ・パイプに穴あけ加工をしました。
  •  医療分野向けとなります。
 
 

株式会社 共伸 〒325-0033栃木県那須塩原市埼玉1番地 TEL:0287-63-3238 FAX:0287-63-3230